【ロレックス エクスプローラー】を白鷹町鮎貝のお客様から買取しました。

目次

皆さんこんにちは。

リサイクルマート長井店です。

当店はロレックス最強店です。

お持ちいただいた商品の

お買取りご提示金額にご納得いただければ、

その場ですぐに現金でお渡しいたします!

もちろん、ご納得いただけなければ、

キャンセル(お持ち帰り)頂いても大丈夫です!

ご相談もさせていただいきます。

 

ご来店お待ちしております。

リサイクルマート長井店インスタ

随時更新中!!

見てね(*´▽`*)

リサイクルマートのインスタはこちら↓↓

insta.png

本日の買取実績はこちら↓↓

買取商品名:ロレックス エクスプローラー

i-img600x600-1608647768fxrf7z1746270-removebg-preview (1).jpg

動作未確認でジャンク品です。リューズ不良や風防に大きなキズ

がり社外品のパーツがついておりましたが当店では150000円で買取しました。

ロレックス エクスプロ―ラーⅠの誕生と変遷

ロレックス エクスプローラーは1953年にその歴史をスタートさせました。
後述する通り、そのデザインは半世紀以上変わりがなく、如何にそのデザインが完成されていたかがうかがえます。
ここでは1stモデルから現行型となる6thモデルまでを世代順に紹介していきます。

ロレックス エクスプローラー Ref.6350

6350
ロレックス エクスプローラー Ref.6350

ロレックスの公式サイトによるとエクスプローラーの誕生は1953年。この年はロレックスにとって最も重要な一年、現在もロレックスを支える基幹コレクションであるサブマリーナの登場年です。サブマリーナは年月を追うごとに大きな変更が施されてきましたが、エクスプローラーは上記の通りその姿を大きく変えずに進化を重ねていくことになります。

とはいえこの当時に販売されたエクスプローラーはギョーシェ文字盤、リーフ針、ビックドット秒針、ロングベンツ針、注射針型の分針、ホワイト文字盤など現在では考えられないデザインモデル存在するため、ロレックス社の試行錯誤が見られた時代とも言えるでしょう。

自動巻きムーブメントはケースバックが膨らんでいる通称「セミバブルバック」時代のCal.A296を搭載。
スポーツロレックスの源流ともいえる自動巻きムーブメントを搭載していました。
また同時期に発売されていたRef.6150も存在し、同一ムーブメントのCal.A296を搭載していますがノンクロノメーター仕様となります。

Ref.6350がわずか1年ほどの短命モデルであったのに対し、Ref.6150は後継機のRef.6610の発売時まで生産されていたという話もあります。またRef.6150が1stエクスプローラーとする話もあり、このあたりの真相は謎に包まれています。

ロレックス エクスプローラー Ref.6610

6610
ロロレックス エクスプローラー Ref.6610

エクスプローラーの2ndモデルとなるRef.6610。1950年代半ばころのロレックス・スポーツモデルに多く見られたサークルミラー(ギルト)文字盤となります。12時位置の三角形+369+バーというインデックス、ベンツ針という所謂「エクスプローラー顔」の原点ともいえる型番となり、こちらを1stエクスプローラーとする説もあります。

ムーブメントはCal.1030クロノメーターとなり、ケースバックがセミバブルバックからフラットな形状に変更されています。Cal. 1030はこの当時のスポーツロレックスに搭載されていたムーブメントで、サブマリーナのRef.6536にも搭載されていました。バタフライローターと呼称された個性的な自動巻きローターは左右どちらとも巻き上げが可能となる現代的なものに進化しています。

ロレックス エクスプローラー Ref.1016

1016
ロレックス エクスプローラー Ref.1016 前期

Ref.6350~Ref.6610の歴史が正しければ、エクスプローラーの3rdモデルとなるRef.1016。1988年まで発売されていたロングセラーモデルで、他のロレックス・スポーツモデルと同様に前期型、後期型に分かれています。

前期型はRef.6610からの流れで、サークルミラー(ギルト)文字盤となり、ムーブメントはCal.1560を搭載していました。Cal.1560の特筆すべき点の一つがメンテナンス性で、テンプ回りをケースから取り外すことなく調整できるというものでした。

後のCal.1570とともにロレックス・自動巻きムーブメントの名機と呼ばれた程でした。

1016
ロレックス エクスプローラー Ref.1016 後期

Ref.1016の後期型は1970年代頃からとなります。文字盤外周にあったサークルが無くなり、インデックス、表記がそれまでのゴールド文字からホワイト文字に変更。さらにブラック文字盤もマットな色調となり視認性が向上しています。

自動巻きムーブメントはCal.1570クロノメーターに変更され、時刻を合わせる際に秒針を停止することができるハック機構が追加され実用性が向上しました。なお、モデル末期となるRシリアル、Lシリアルはヴィンテージ市場において高値で流通しています。

ロレックス エクスプローラー Ref.14270

14270
ロレックス エクスプローラー Ref.14270

エクスプローラーの4thモデルとなるRef.14270は1990年に登場し、生産終了となる2000年までの約10年間にわたり生産されたモデル。

このRef.14270は人気俳優がドラマで着用したことから、若い世代にロレックス人気が波及し、空前のロレックスブームを作ったモデルでもあります。デザイン上の変更点に関しては、それまでのエクスプローラーで継承されてきた丸みのある3.6.9インデックスがスクエア形状のフォントに変更されたことで、現代的なフェイスに進化しました。この後に登場するエクスプローラーは、このRef.14270をルーツとしています。

風防はそれまでのプラスチック風防からサファイアクリスタル風防に変更、自動巻きムーブメントはCal.3000クロノメーターが搭載されました。Cal.3000は当時のロレックスの主力ムーブメントで毎時28,800振動、48時間のパワーリザーブを備えていました。

他のロレックスと同様に細かいマイナーチェンジが行われており、初期モデルではブレスレットがシングルロックタイプのバックルが1995年あたりからダブルロックタイプに変更。モデル末期の1999年にはインデックスの夜光塗料がトリチウムからスーパールミノバに変更、6時位置にある表記もあわせて変更されています。ちなみに上記画像のRef.14270はトリチウム仕様となります。

先述の通り、ロレックスブームを巻き起こしたモデルだけあって一時期は中古市場でも多く流通していましたが、生産終了から20年近く経過した現在は減少傾向となります。


14270ブラックアウト
ロレックス エクスプローラー Ref.14270 ブラックアウト

エクスプローラーの4thモデルとなるRef.14270の初期モデルに存在する通称「ブラックアウト」。3.6.9インデックスの中に本来は白いラインが入りますが、ブラックアウトに関しては入っておらず、メタルの枠のみというもの。

レアものロレックスの代表格としてヴィンテージ市場で高値を記録しているモデルこのブラックアウトは数種類バリエーションがあると言われていますが、なぜこのモデルが生産されたのかは現在も不明のままです。

ロレックス エクスプローラー Ref.114270

114270
ロレックス エクスプローラー Ref.114270

エクスプローラーの5thモデルとなるRef.114270は2000年に登場し、2010年の生産終了までの10年にわたり販売されていたモデルとなります。デザインを見ていただければわかる通り、前型のRef.14270と見た目の変更点は少なく、いかにRef.14270が完成したモデルであったかがうかがえます。

Ref.14270からの大きな変更点はムーブメント。それまでのCal.3000クロノメーターからCal.3130クロノメーターに進化した点にあります。テンプ受けがそれまでの片持ちから両持ちとなったことが主な改良点で、ケースとブレスレットの接合部(フラッシュフィット)が一体型となったこと、他のロレックスと同様に風防に王冠マークのエッチング、文字盤外周に「ROLEX」のロゴが入るインナーリングが装着されたことなど、細かなリファインが施されています。

最後の36ミリケースサイズのエクスプローラーとなるため、生産終了した現在でも高い人気を誇り特に最終品番は高値となっています。

ロレックス エクスプローラー Ref.214270

114270
ロレックス エクスプローラー Ref.214270 前期

2010年のバーゼルワールドで登場したエクスプローラーの6thモデル。それまでの36ミリケースから39ミリケースに変更されたことで当時話題となったエクスプローラーです。

基本的なデザインは踏襲しつつも、3.6.9インデックスがメタルタイプ(夜光塗料が入らない)となり、Ref.14270のブラックアウトを彷彿とさせるものでした。さらに「EXPLORER」の表記が12時位置から6時位置に変更されたのもこの型番からとなります。

自動巻きムーブメントはロレックス最新鋭のCal.3132クロノメーターに進化。パラフレックス・ショック・アブソーバと耐磁性ブルー パラクロム・ヘアスプリングが付加されたムーブメントとなります。

ブレスレットのクラスプには工具無しで約5ミリの伸縮が可能となるイージーリンク仕様となり、実用性が向上しました。


114270
ロレックス エクスプローラー Ref.214270 後期

2016年にマイナーチェンジが施されたRef.214270の後期型。主な変更点は針が太く長いタイプとなり、文字盤のバランスが向上。3.6.9インデックスがそれまでのメタルタイプから、夜光塗料(青く発光するクロマライト)が塗布され夜間時の視認性が良好となりました。

自動巻きCal.3132クロノメーターなどのスペック変更は行われていないようです。

JISSEKI.jpg

店頭買取、出張買取、宅配買取随時おこなっておりますので何かありましたら気軽にお問い合わせください。

なんでも買取ます!!店頭買取・出張買取・宅配買取のリサイクルマート長井店にお問い合わせください。

友だち追加

 

リサイクルマート長井店について

会社の概要

山形長井市のリサイクルショップ、リサイクルマート長井店では、貴金属・ロレックスをはじめ、他のブランド品や家電等、幅広い商品の買取、換金をさせていただいております。

質屋かんてい局のグループチェーンですので、ブランド品も安心してお持ちください。

査定だけでもお気軽に、お立ち寄りください。

 

リサイクルマート 長井店

山形県長井市館町南12-51-1

 telのバナー.jpg

 

営業時間:10001900

木曜定休

 

◆リサイクルマート長井店