【オメガ シーマスター 2531.80】を南陽市宮内のお客様から買取しました。

目次

皆さんこんにちは。

リサイクルマート長井店です。

 

お持ちいただいた商品の

お買取りご提示金額にご納得いただければ、

その場ですぐに現金でお渡しいたします!

もちろん、ご納得いただけなければ、

キャンセル(お持ち帰り)頂いても大丈夫です!

ご相談もさせていただいきます。

 

ご来店お待ちしております。

リサイクルマート長井店インスタ

随時更新中!!

見てね(*´▽`*)

リサイクルマートのインスタはこちら↓↓

insta.png

本日の買取実績はこちら↓↓

買取商品名:オメガ シーマスター 2531.80

i-img898x1198-16094198089wpmjy2187563-removebg-preview.jpg

i-img898x1198-1609419808nwqzz62187563-removebg-preview.jpg

こちらの商品は65,000円で買取しました。

オメガの中で一番人気があるモデル シーマスター300 233.30.41.21.01.001

シーマスター 233.30.41.21.01.001

 

素材 ステンレス
サイズ ケース直径41.0mm
駆動方式 自動巻き Cal.8400(マスターコーアクシャル)
ダイアル ブラック
ベゼル 逆回転防止ベゼル(セラミック)
防水 300m防水

売上ナンバーワンのオメガ。

それは、初代モデルのリバイバルとして、オメガきってのヴィンテージテイストを醸し出す「シーマスター300 233.30.41.21.01.001」です!

ちなみに2018年・2019年は後述するスピードマスター プロフェッショナルが圧倒的ナンバーワン。シーマスター300ももちろんに人気はありましたが、二番手に甘んじていた形となります。

2020年、一転してこの差を逆転させた、シーマスター300とは、どのようなモデルなのでしょうか。

 

シーマスター300は、2014年に「初代シーマスターをリバイバル」というコンセプトのもと、リリースされました。

1957年、オメガはシーマスター・スピードマスター・レイルマスターをその歴史に登場させます。

ただ、シーマスターのプロトタイプはそれ以前、既に開発されていました。

実際に第二次世界大戦下のイギリス海軍に供給していた軍用時計「マリーン」を基に、1948年、民生用に改良した防水時計を発売。その後1957年、さらにプロフェッショナルユースに特化したシリーズとして改めて「シーマスター」が生み出された、という背景を持ちます。

シーマスター 300 マスターコーアクシャル 233.30.41.21.01.001

そんな初代シーマスターのリバイバルだけあり、1950年代当時のヴィンテージな意匠―黒ベゼル×黒文字盤というシンプルなデザイン、視認性を優先したインデックスや太めのアロー針、日付すらないシンプル機構―・・・本当にかっこいいですよね。

 

シーマスター自体は、派生モデルがスピードマスター以上に多く、アクアテラ,プラネットオーシャン,ダイバー300M,プロプロフ等...本当に多岐に渡ります。にもかかわらず、こちらの233.30.41.21.01.001の2020年圧倒的人気と言ったら!

前述の通りスピードマスター プロフェッショナルに後塵を拝することはありましたが、シーマスターの中では例年トップの売れ筋となっています。かつてはアクアテラなどがナンバーワンにくることもありましたが、直近では3年連続シーマスター300に軍配が上がりました。

なぜここまで233.30.41.21.01.001の人気があるのか?普通、派生モデルが多いと人気は分散しがちなのですが、なぜここまで圧倒的なのか?

もちろんもともと完成度の高い時計、と言うこともあったでしょう。加えて2017年、前述のマスターシリーズ3兄弟が60周年を迎えたことで、オメガから特別なリバイバルモデルがリリースされたことで爆発的人気を誘発しました。

オメガの中で人気があるモデルは?

オメガの中で二番目に人気があるモデル。

それは、同社のフラグシップであり、人類初の月面着陸計画に携行されたムーンウォッチ「スピードマスター プロフェッショナル ムーンウォッチ クロノグラフ 311.30.42.30.01.005」です!

スピードマスター プロフェッショナル 311.30.42.30.01.005

2020年はシーマスター300に後塵を拝する形となりましたが、2018年・2019年と、売上高・売上本数ともにずっとナンバーワンだったのは、こちらのスピードマスター プロフェッショナル 311.30.42.30.01.005でした。

オメガと聞いてまずスピードマスターを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

 

ひとくちにスピードマスターと言っても様々な派生モデルが存在するのですが、このプロフェッショナルはスピードマスターの基幹モデルに当たります。「ムーンウォッチ」の名前でも知られていますね。

1957年に登場した初代スピードマスター、そしてアポロ計画でも用いられた個体から意匠を踏襲していることが特徴で、プラスティック風防やシンプルなマットブラック文字盤が往年の名クロノグラフを感じさせます。

オメガ スピードマスター

 

ムーブメントには自動巻きではなく、当時の宇宙飛行士が着用したものと同様、こだわりの手巻き式を採用していることもミソ。

宇宙空間は無重力で自動巻きのローターの巻き上げが弱くなってしまっているため、あえて手巻きを用いているのでしょう。

ちなみにこの手巻き式ムーブメントCal.1861は、伝説のレマニア社製クロノグラフがベース!レマニアとは、美しさと高精度を兼ね備えたムーブメントのベンダーであり、ブライトリングやブレゲなどにも名機の数々を供給しました(現在はブレゲが吸収)。

スピードマスター プロフェッショナル Cal.1861

出典:https://www.omegawatches.jp/ja/

1950年代後半というスピードマスターの黎明期からレマニアの名は知られており、現在に続く同モデルの基幹ムーブメントを担った立役者的存在です。スピードマスター=高精度クロノグラフという図式を作った功労者とも言っていいでしょう。今なおレマニア社製だから、という理由でスピードマスターが時計ファンたちの話題に上ることはしばしばありますね。

ちなみに余談ですが、2019年、スピードマスター プロフェッショナルの初代から第四世代(~1960年代後半)モデルに搭載されていたレマニア製Cal.321が、当時の金型をもとにに忠実な復刻を果たします。時計業界は騒然となり、スピードマスター プロフェッショナルへの注目度は、いや増しました。

 

 

JISSEKI.jpg

店頭買取、出張買取、宅配買取随時おこなっておりますので何かありましたら気軽にお問い合わせください。

なんでも買取ます!!店頭買取・出張買取・宅配買取のリサイクルマート長井店にお問い合わせください。

友だち追加

 

リサイクルマート長井店について

会社の概要

山形長井市のリサイクルショップ、リサイクルマート長井店では、貴金属・ロレックスをはじめ、他のブランド品や家電等、幅広い商品の買取、換金をさせていただいております。

質屋かんてい局のグループチェーンですので、ブランド品も安心してお持ちください。

査定だけでもお気軽に、お立ち寄りください。

 

リサイクルマート 長井店

山形県長井市館町南12-51-1

 telのバナー.jpg

 

営業時間:10001900

木曜定休

 

◆リサイクルマート長井店