鉄器・鉄瓶を長井市高野町のお客様から買取しました。

こんにちわ(^^)/

リサイクルマート長井店です。

だんだん秋らしい気温になってきましたね!!

体調に気を付けて今日も一日頑張りましょう(*^^)v

インスタ/買取実績はこちらになります。

見てね(*´▽`*)

リサイクルマート長井店 インスタはこちら↓↓

insta.png

 

本日の買取実績はこちら  ↓↓

買取商品名・鉄器 鉄瓶

ご売却頂きありがとうございました。

 

20200722_153752.jpg

20200722_153806.jpg

20200722_153747.jpg

こちらの品物は小さい物で無名のものでしたので300円で買取しました。

鉄器は大きい物ですと金額も上がります。

特に有名な作者が作られた物ですとドーーンと金額がアップする商品です!!

自宅に鉄瓶があれば是非お持ち下さい!! 

~歴史~

湯沸かしに取っ手と注ぎ口が付いた道具は薬用用途のものが13世紀には存在したが、「鉄瓶」と名付けられて茶の湯に使用されるようになったのは江戸後期とされている。

~茶の湯~

鉄瓶は茶の湯釜から派生して誕生した器具といわれており、江戸後期の天保期(1830-1844年)頃のことである。

「鉄瓶」の文献の初出は1816年(文化13年)の稲垣休叟著『茶道筌蹄』であるとされている。

~民具としての歴史~

茶道具として考案された鉄瓶は次第に民具としても普及し、江戸中期から明治初期の草双紙の挿絵にも描かれている。日常生活では台所で大量の湯を沸かすときは、居室で茶を入れる程度の湯を沸かすときは鉄瓶が用いられるようになった。

第二次世界大戦後、高岡市などではアルミニウムを原料とする鍋、釜、火鉢などの製造が盛んになり、やかんも製造されるようになった。これらの製造で「釜鍋景気」と呼ばれる時期が数年間続いたが、この時期から鉄瓶はアルマイト製のやかんに代替されることとなった。

なお、上海の茶館などでは日本製の鉄瓶が販売されているが、喫茶提供には主にやかんが使用されている[1]

~南部鉄瓶~

南部鉄瓶は茶の湯釜や花瓶などとともに南部鉄器として知られ、岩手県の特産品の一つである。北上川流域では東大寺の大仏鋳造を機に金山開発が進められ、これに伴って鉄鉱資源も多く見出され鋳物産地が存在していた。南部藩では8代藩主南部利雄の頃に3代小泉仁左工門が茶の湯釜の寸法を縮めつつ注ぎ口と鉉(つる)を調和よくつけたものを製作し、これが少しずつ改良されて鉄瓶が誕生したと言われている。当時、茶の湯釜に注ぎ口と鉉(つる)を付けたものは鉄薬鑵(てつやかん)と称されており、その後「薬鑵釜」や「手取り釜」と称され、さらに「鉄瓶」と名付けられるようになった。

 

 

JISSEKI.jpg

店頭買取、出張買取、宅配買取随時おこなっておりますので何かありましたら気軽にお問い合わせください。

なんでも買取ます!!店頭買取・出張買取・宅配買取のリサイクルマート長井店にお問い合わせください。

 

リサイクルマート 長井店について

山形長井市のリサイクルショップ、リサイクルマート長井店では、貴金属・ロレックスをはじめ、他のブランド品や家電等、幅広い商品の買取、換金をさせていただいております。

質屋かんてい局のグループチェーンですので、ブランド品も安心してお持ちください。

査定だけでもお気軽に、お立ち寄りください。

 

リサイクルマート 長井店

山形県長井市館町南12-51-1

 telのバナー.jpg

 

営業時間:10001900

木曜定休

 

◆リサイクルマート長井店